Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
美と健康と癒しの橋渡しセラピストその
0

    続き・・・

     

     

    その後,9年間勤めた会社を辞め、「人の身体と心を癒すお仕事がしたい」とエステテシャンの資格が取れる講座をうけることに。

     

    そこで出会った講師の方から「レイキ」というヒーリング療法があることを教わりました。

    「レイキ(靈氣)」という言葉は、今でこそ知っている人も多くなりましたが、15年以上前はそれほど一般的ではなかったと思います。

     

    けれど、私は20代前半に出会った「ある本」によって「見えない世界」があることを信じていたし、感じていました。

     

    「ある本」とは、多少なりともスピリチュアルに興味のある人ならご存知だと思いますが『バシャール」』(ダリル・アンカ著)という有名な本です。

    もう30年ほど前のことですが、読み進めるうちにとてもワクワクしたのを今でもよく覚えています。

     

    それ以来、『バシャール』は私のバイブルであり、私の原点でもあります。

     

    そんな私にとって、「氣(き)」という見えないものを扱って心身を癒す「レイキヒーリング」はとても興味深く、ティーチャーコースまで受講しました。

     

    「心と身体をトータルで癒したい」と、エステの技術と共にサロンを開き、おかげさまで多くの口コミからたくさんのお客様に足を運んでいただきました。

     

    仕事は楽しくて、楽しくて、たくさんのイベント主催や、講座、サロンワークなど新しいことを学び取り入れていきました。

     

    「みんなを幸せにしたい」・・・その想いに従ってどんどん手を広げていくうちに、一番大切にしなければならない「本当の私=魂」を見失っていたかもしれません。

     

    そんな気持ちが時々、胸をかすめる様になった頃、母が倒れて入院。

     

    母の看病をするために、病院と実家、サロンと自宅を行き来する多忙な日々が始まりました。

     

    やがて、移動の時間や母のお世話をするためにサロンを移し、私の生活は母中心となりました。

     

    けれども、2017年の秋、最愛の母は命を全うし、静かに旅立ちました。

     

    必死の看病に続き、母が亡くなった後の諸々の雑事が片付くと、張り詰めた糸がプツンと切れたかのように、ある朝、私の右目は全く動かなくなっていたのです。

    続く・・・

     

     

     

    ヒーリングスペースiruka・ホームページはこちらからご覧ください。
    http://iruka-reiki.com/
    posted by: irukareiki | iruka愛のメッセージ | 14:29 | - | - |